<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

作品展

f0049813_9283767.jpg

f0049813_9283758.jpg

f0049813_9283716.jpg


あたたかなお天気に恵まれてアウトサイドインの作品展が始まりました。
いろいろとハプニングもありましたが、私のガラスエッチングのレッスンも終了となりました。
月に一度か二度の鎌倉通いは思った以上にリフレッシュ、アウトサイドインの塚田先生とスタッフの皆さんもとても素敵で、気持ちよく楽しい時間でした。

長年の友人が一緒に作品展を見に行ってくれました。
会場で合流したアウトサイドインでのご縁の友人と3人でグリューワインとケーキをご馳走になり、ゆっくりとすごしました。
第二会場には、今年も待っていてくれた赤く色づいたカラスウリ。
来ましたよ~     
       今年も・・・・・・・ありがとう


家に帰ったら家族皆揃って食事の用意を済ませて待っていてくれました。
「おいしい~~~」

しあわせだ~~

そして10時には眠ってしまった疲れきった私でした。

今日出会ったすべてのみなさまに、ありがとう・・・


そうそう、大切なことを書き忘れました。
鎌倉に着き作品展会場までの行き帰りに一回づつ鳥の糞の直撃をくらってしまいました!
すごいことです!
友人と歩いていて私だけが二回も・・・ですよ。
これは運が良いのか悪いのか、どちらでしょう。
まぁ・・来年は良い年になるということに気分は落着なのですが。
すごいことです
[PR]
by poppy_seed | 2009-11-29 09:28 | 手作り

大好き

f0049813_2317105.jpg

小さなお店を一緒にやっている友が作ってくれたアクセサリーの数々。
彼女の作品は、アクセサリー大好きと言うだけあってとても素敵です。

いつもありがとう・・・

12月2~3日の「小さなお店」で少しだけ販売します。

準備に追われる私たちです。
[PR]
by poppy_seed | 2009-11-26 23:17 | 手作り

フェルティッシモ エコ

f0049813_2361567.jpg

f0049813_2361592.jpg

f0049813_2361537.jpg

なんだか地味かな?
グレーのニットの上下に羊毛で模様を入れてみました。

ソムリエのしーちゃんが「カーディガンが虫にやられちゃったから何とかして」と置いていった赤いニットのアンサンブルには、下のセーターが小さなバラの総模様だったので、あっさりとしたバラにしてみました。
左側の上から三枚目の葉っぱの所に虫食いがありました。
羊毛に触れるのが楽しい季節になりました。
[PR]
by poppy_seed | 2009-11-26 23:06 | 手作り

谷中から根津、上野へ

f0049813_18372491.jpg

f0049813_18372482.jpg

f0049813_18372468.jpg

f0049813_18372456.jpg

f0049813_18372498.jpg


ぽかぽかした恵まれたお天気の一日、私たちかわいい高校生時代をともにした三人、しーちゃんのワインつながりのイケメンさんに下町を案内していただきました。

西日暮里で待ち合わせ、てくてくと歩く東京の下町。
谷中の商店街は活気がありどれも懐かしかったり、美味しそうだったり・・・店構えもほっとします。
そしてどのお店にもそれぞれ猫がいて、本物だったり置物だったり、そぞろ歩きも止まりがち。
あっ・・・「ここ、ちい散歩に出てたね」
夕焼けだんだんという名の階段の下で、行列ができるお寿司屋さんに今ならすぐに入れそうですよというイケメンさんのお勧めで入ってみました。

威勢のよい、手際のよい気持ちいいお店です。このちらし寿司のランチ千円にびっくりです。

夕焼けだんだんを登って路地を縫って根津に向かって進むと、普通のお家を使ったアイデア溢れる小さなお店が点々と見つけられます。

その中から手作り指人形のお店は個性的なお年寄りのキャラクターが味を出しています。
お店の中では指人形の出しものも見せてくれます。
写真を見てオリジナルのお人形も作ってもらえるらしいですが、もう何年も先まで予約がいっぱいだそうです。

通りで愛猫の写真などを飾る棚を作ってるというおじさんに「若い人ががんばってる盆栽やさんがあるよ」と教えてもらいました。
若い人を応援する大らかさと温かさを感じました。

路地を楽しみながら上野の不忍池に張り出すお茶屋さんで、風の温度が変わるまでゆっくりと目の高さに広がる蓮の葉にお茶をしながらおしゃべりの花を咲かせました。

あまりにも心地よくて、なぜかじーんとしてしまいました。
[PR]
by poppy_seed | 2009-11-09 18:37 | 風景

f0049813_19534034.jpg


よーく見てください。

これはオリーブの実です。
フランス・ラングドック産のリュックフレッシュオリーブといって、保存用に加工せず、薄い食塩水とヒマワリ油に漬けただけのフレッシュオリーブです。
タイミング良く輸入されてすぐに送ってもらえたようです。
日持ちしないためこの時期のほんの短い間しか口にできないのだそうです。
よく目にするオリーブの実と違って両はしがつんとしていてクロワッサンのような形をしています。
そして左上の壺の中の種もしっかりしたクロワッサン形。
味は油こくなく爽やか、こんなに浅漬けっぽいのにオリーブのあの苦味はどうなってしまったのでしょう。
いくつでも食べられます。

できれば毎年食べたい・・・・と願う私です。

ついでにもうひとつよーく見ていただきたいこの器。
これはオリーブのための器です。
手前にオリーブの実を入れ、右側の小さな壺にオリーブを刺すスティックを入れ、左の壺に種を入れるようになっています。小さな二つの壺はくっついています。
やっと活躍の場を得てうれしそうに見えます。
[PR]
by poppy_seed | 2009-11-08 19:53 | 美味しい

f0049813_1842485.jpg

f0049813_1842469.jpg

f0049813_1842415.jpg

f0049813_1842444.jpg


5日は昼間のアルコールでしたが沢山の方に参加いただいてワクワクしながらのワイン会、当日を迎えました。
前日夕方に沢山の荷物とともに長野からやってきた友人は早速準備にとりかかり陽もすっかり沈んだ頃、
 
私      「ねー しーちゃん、明日の制服を吊るしておいたほうがいいんじゃない?」
しーちゃん 「うん・・・・・・・・・・・・あ・・・・・忘れた・・・・・・・・新幹線の網棚・・・・・・」 

たいへ~~~ん!
ソムリエやビアテイスター、マスターオブチーズ、きき酒師のバッジも全部ついてる!
どうしよう・・・・

それからJRに電話してバタバタ・・・・・・・これじゃないと私たちらしくない。
運よく衣装は見つかり当日の朝友人が東京駅に受け取りに行ってくれて無事会を始めることができました。


一番最初のワインは一次発酵の段階で瓶詰めをして、その段階で発生した泡を閉じ込めた微発泡のロゼ。
ベリーの香りが柔らかくたつのですが甘すぎず、なんとも美味しい。
デザートワインていう感じらしい。
フリヤ・サバランというチーズの熟成タイプ、フリヤ・サバラン アフィネを合わせていただくと口いっぱいにふんわりといい風味が広がって感動!

4種類のワインにそれぞれ合うチーズと食べ方のアレンジなど試しながら改めてそれぞれの奥の深さを感じました。

お腹もいっぱいになり、皆さんほんのりほほを赤く染めながらゆっくり楽しんでいただけたようで本当にほっとしました。


モロッコビールをお土産に初めてのワイン会 チーズとワインのマリアージュ秋 を終了しました。

しーちゃんから泉のように興味深いお話しが溢れてきます。
そんなお話しを聞きながらいただくチーズとワインのベストマッチに目を細くしているひととき、いつの間にかそこにいるすべての人たちと同じ場所ですごす幸せな気持ちに包まれていました。
チーズとワインのマリアージュの愉しみ方はいろいろで、人間の相性と同じだそうです。
きっと同じテーブルを囲んだ人たちとは良い相性が生まれるのでしょうね。
もっと他の愉しみ方も知りたくなりました。

そしてもっと沢山の人にこの愉しみを体感していただけたらと心から思いました。

ご一緒にいかがですか?
[PR]
by poppy_seed | 2009-11-08 18:42 | 美味しい

かりん

f0049813_12162869.jpg

f0049813_12162986.jpg

北側のフェンスの際の花梨に沢山の実がなりました。
花梨の実は大きくてめちゃくちゃ固いので、道行く人の頭の上にでも落っこちたら大変。
全部落としたらこんなに沢山。これでも半分量くらいです。

どなたかもらってください…と叫びたい
[PR]
by poppy_seed | 2009-11-03 12:16 | 美味しい