<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

植物のあかり

f0049813_2252614.jpg

f0049813_2252634.jpg

f0049813_2252622.jpg

楽しみにしていた金井さんの植物のあかり展です。

イガナス、楠蚕(くすさん)、ムクロジ、カラスウリ、蓮、ヘチマ、ホウズキ、胡桃、ヤマユリ、ウバユリ、菱の実、ゴマ、ケシ、綿の実、ハマナスの実、クチナシ、おくら・・・
色々な植物たちが小さな灯りになっています。
写真は上からホウズキ、ケシ、ウバユリですが、ホウズキの灯りをともしたときの紅さはなんとしても写真に撮ることができません。
灯りは取り換えられるのでどれも欲しくなってしまいます。

妖精たちのささやきが聞こえてくるようです。
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-31 22:05 | 手作り

美味しい

f0049813_22262467.jpg

f0049813_22262452.jpg

有楽町ペニンシュラホテルのアフタヌーンティークラシック、3800円なり…
上のお皿にケーキ4種、二段目にスコーン2種(プレーン・ブルーベリー)大好きなクローテッドクリームと苺ジャムをつけて、3段目はサンドイッチ3種とキッシュ。
お茶はビューティーブレンドのハーブティーを選びました。
雰囲気がよくてゆっくりできました。ありがとう…
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-30 22:26 | 美味しい

劇団パパイヤ

f0049813_2291717.jpg

私たちが劇を始めて17年になります。
照明、音響、写真、ビデオ撮影はどんなに忙しくてもパパたちが手伝ってくれます。
パパ嫌がるかな?
で劇団の名前はパパイヤ。
26日は本番でした。沢山の人の温かいまなざしと笑顔がいっぱいで、楽しく終えることができました。
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-30 22:09 | その他

今日の庭から

f0049813_1052433.jpg

f0049813_10524388.jpg

f0049813_10524315.jpg

真っ白なおいらん草が夏の日射しに眩しくきれいです。
カマキリの赤ちゃんがひとりぼっちで葉陰に身を潜めていたのを母が見つけました。
急いで駆けつけ携帯を開いている間に見えなくなってしまいます。
「あれっ、やだな・・・見つかっちゃいました・・・? 
 え?撮るの・・・しょうがないなぁ…
  まだ? 早くしてくれる?
もういいですかぃ?  ホッ・・・」
てなつぶやきが聞こえます。

オッケー、もういいよ、ありがとう!
といつもお礼を言います。


カマキリを見かけたら「ちょっと待って!写真欲しいからちょっと待ってて」
と声をかけてみて・・・
え~?と横目でこちらを見ながらじっとしていてくれるから。
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-15 10:52 | 風景

今日のキノコ

f0049813_2323523.jpg

母が昨日から見せたかったと持ってきてくれたスミレの鉢にはちょっと大きなキノコがこんにちは。
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-14 23:23 | 風景

カムジャミョン

f0049813_18184710.jpg

韓国通の友人から、辛ラーメンよりノグリウドンの方が美味しいから食べてみて…でももっとおすすめがじゃがいも麺よ!と教えてもらい食べてみました。乾麺ながらぷりぷりの麺が盛岡冷麺みたいで、あまり辛すぎず美味しかったです。
カムジャミョンていうのかな?ミョンはきっと麺、カムジャはじゃがいも?ですかね?
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-08 18:18 | 美味しい

ろうそくの国

f0049813_10471240.jpg


イケアに行くと本当にたくさんのキャンドルホルダーとそれに合うキャンドルがあって、ときめきます。
実際にキャンドルの明かりを楽しむことはなかなかできないでいるのですが、つい買ってしまいます。

ペイントの仲間の皆さんからこんなの描きましたよ・・と、素敵な作品の写真を見せていただいて、私も・・と・・
遅れ馳せながら白いカンテラにやっと絵を描きました。

まだ大きなカンテラが2つあたためてあるので早くゆっくりした気持ちで描きたいなと思っています。
とにかく26日の劇を終えてから・・・・・
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-07 10:47 | 手作り

遠い雷雲

f0049813_9472611.jpg

久しぶりに早く帰ってくるなり「ちょっと来てみて!凄いおじさんがずっとついてきた」と娘。「え?何ですと!どれどれ」、急いで外に出てみると、北の空を見上げて「ほら、おじさん」。
あ~…、まあね。
確かにおじさんの横顔した巨大な雲は後ろ髪を大きく膨らませて、そこにはピリピリといくつもの稲妻が這っています。
すご~い。
竜の巣???
よほど遠いのかゴロゴロという音もなく、辺りが明るく光ることもありませんが、稲妻はおじさんの頭からメデューサのように幾つも幾つもその姿を見せては消え…。
不思議な光景は一時間以上も続き、ゆっくりと西の空に去って行きました。

宇都宮から帰った夫が凄い雷雨だったよ…。
家から宇都宮の空が見えてるなんてないよね。
[PR]
by poppy_seed | 2008-07-05 09:47 | 風景