ヘビイチゴ

f0049813_0425932.jpg

小さい頃、野山を駆け巡って何でも食べてみた私も「わっ!ヘビイチゴ」と口にしなかった。実のちょっと強い赤い色、潰れた時にもっと強烈に赤かったような、そして小さくもやっとした形状がなんとなく危険な雰囲気をかもし出していました。毒があるわけでもないのにかわいそう。でもその存在は実は忘れられないささやかなアイドルでした。大人になってからちょっとかじってみましたが、味も食感もまずかった。
娘が品川で見つけたよと見せてくれたので、思わずちょーだい…。
この頃、緑の多いこの辺りでも見かけないヘビイチゴ。すっかり忘れていました。都会の少ない土に頑張って生きていたんだね。なんだか嬉しいな。
今もあなたは私のアイドルよ。
[PR]
by poppy_seed | 2007-05-18 00:42 | 風景