韓国てんこもりの旅 3

f0049813_19493520.jpg

f0049813_19493539.jpg

f0049813_19493525.jpg

f0049813_19493513.jpg

f0049813_19493526.jpg


いよいよお別れの朝。
早起きして昨夜買っておいたパンを食べ、早朝の北村韓屋村 プッチョンに出かけました。

昔ながらの街並みは立派な瓦屋根と鉄の金具が素敵な門構えのお家が折り重なるように整然とならんでいます。
高台から見るとまるで瓦屋根の海のようです。
門には翌週がお盆だからでしょうか紙に書かれた縁起物の言葉が二枚張り付けてありました。
中にはトールペイントのお花のプレートがかけてあるお家もあってうれしくなりました。
日本では誰でも楽しんでいるトールペイントもこんな豊かな街でしか見られないのでしょうか。
そしてこの道ぎりぎりに建てられた門の向こうには、昨日の傳統茶院のような素敵な中庭が広がっているのでしょうか?
門から続く塀の上に伸びた柿の木に実る小ぶりな実が、中国の昔の絵にある柿の実そのままで、柔らかな朱色からみどりいろのグラデーションの美しさに見とれてしまいました。



三清洞は日本の青山・静かだったころの原宿って感じの街でイチョウ並木の両側にお洒落なお店が続きます。
が11時半頃から動き出す街並みはまだ動いていません。
それでもオープンテラスのあるカフェを見つけてほっと一息、韓国のスイーツの中でも特に好きなパッピンスを注文。あんことお餅が乗っています。
「量が多いので二人で一つでいいですよ」
と教えてもらい、一つを二人でつつきながら食べるかき氷。
日本ではありえない食べ方ですが、たまらない美味しさ・・・
このふわふわの氷はどうやって削っているのだろう、シロップがかかっているようには見えないし氷に味がついているのかな、どうしてこめかみにつーんとこないんだろう・・・不思議で美味しいパッピンス

どのおみせのテラスにも細長い三角帽子をかぶった煙突がついたドラム缶のような独特な形のストーブがいくつも置かれていました。
もう冬仕度かな?
そして冬もテラスでストーブにあたりながらお茶するの?
もう一度真冬の韓国を見てみたい。

もっと書きたいのだけれど疲れたのでまた後日書きたそう・・・・・・・・と
[PR]
by poppy_seed | 2009-10-31 19:49 | 風景